User Manual

アンビエントオクルージョン

アンビエントオクルージョンは、環境によるオクルージョンに基づいて、どれくらいの光が表面に到達するかを予測する技法です。

PlayCanvasでは、アンビエントライティングは拡散とスペキュラの両方のAOマップで乗算されます。

アンビエントオクルージョン比較:使用/不使用 左:AOなし; 右:グローバルAO使用

AOマップは、異なるスケールの場合があります。例えば、モデルの異なる部分の大きなシャドーイング効果を伴う表面の裂け目またはワールドスケールのAOを示すテクスチャ詳細AO。スケールの大きいAOは、より多くのエフェクトをもたらし、通常はUV1のライトマップと一致し、より重要です。

##レンダリンググローバルAO

AOのレンダリングは、一般的な3Dモデリングとarchvizツールを使用して行うことができます。 Lightmapping Sectionに記述されているLightmapのレンダリングと事実上同じです。

僅かな違いは、すべてのジオメトリに特殊素材が適用されAOに見えるようにペイントされていることや、テクスチャにレンダリングする際の異なる設定です。

VRayを使用した3D's Maxでは、VRayDirtタイプとAmbient Occlusionモードの素材を作成することで行います。ここでradiusは望ましい結果を得るために変更できます。

3D's Max: アンビエントオクルージョンVRay素材

この素材は、アンビエントオクルージョンマップ内にあるすべての静的ジオメトリに適用する必要があります。3D's Maxでは個々のオブジェクトに手動で適用するか、Override mtlプロパティを使用してVRay Render Settingsを使用して行うことができます。このようにして、個々の素材は保存され便利です。

3D's Max VRayレンダリング設定: Override mtl

次に、このデータをテクスチャに取り込む必要があります。3D's Maxでは、Render To Textureを使用して行います。ライトマッピングレンダリング時と同じですが、出力オプションはVRayCompleteMapを使用する必要があります。

AO Textureは非常に詳細な情報を格納する必要はなく、視覚的にはテクスチャ圧縮アーティファクトの悪影響はあまりありません。そのため、JPEGは経済的で適切な形式です。

Editorにアップロード

Editorでテクスチャをアップロードし、素材のAmbient Occlusionスロットに適用するだけです。

Editorのアンビエントオクルージョンマップ

上で説明したグローバルアンビエントオクルージョンを使用するやそのprojectをご確認ください。

PlayCanvas Lightmapping このシーンのライティングはライトマップとAOテクスチャとBox投影IBL(反射)を使用して実装されています

This site is translated by the community. If you want to get involved visit this page