User Manual

Lights

現実の世界の環境は、太陽、街路灯、テレビの画面などの様々な光に照らされています。PlayCanvasシーンでは、現実世界にある光の種類を再現できるよう、複数の種類のライトソースを用意しています。

PlayCanvasには3種類のライトがあります:

指向性ライト

最も身近な光源は太陽です。太陽は地球から非常に遠いので、地球の表面に当たる光は単一方向を向くよう近似することができます。PlayCanvasでは、このタイプのライトソースをDirectional(指向性)ライトと呼びます。

選択されていない場合、指向性ライトはエディタの3Dビュー内で次のアイコンで表されます。

指向性ライトアイコン

階層パネルとインスペクターパネルでライトを選択するには、このアイコンをクリックします。

指向性ライトは次のようにオブジェクトを照らします:

指向性ライト

指向性ライトは、パフォーマンスの面ではエンジンに最も速く処理されます。

ポイントライト

ポイントライトは、一点から全方向に光を放射するライトソースです。このタイプのライトの例は、裸の電球やキャンドルライトです。

選択されていない場合、ポイントライトはエディタの3Dビュー内で次のアイコンで表されます。

ポイントライトアイコン

階層パネルとインスペクターパネルでライトを選択するには、このアイコンをクリックします。

ポイントライトは次のようにオブジェクトを照らします:

ポイントライト

ポイントライトは指向性ライトより消費が高いですが、スポットライトより速く処理されます。

スポットライト

スポットライトはポイントライトのように、空間内の一点から光を放射します。しかし、スポットライトの光は円錐形状に制限されます。スポットライトの例にはたいまつや灯台の光などがあります。

選択されていない場合、スポットライトはエディタの3Dビュー内で次のアイコンで表されます。

スポットライトアイコン

階層パネルとインスペクターパネルでライトを選択するには、このアイコンをクリックします。

スポットライトは次のようにオブジェクトを照らします:

スポットライト

スポットライトは最も消費が高いタイプのライトなので、使用には注意が必要です。

This site is translated by the community. If you want to get involved visit this page