User Manual

ライティング

シーンの照明は、表面の素材プロパティおよび素材に適用されるライトソースに基づいて、画面に描画されるピクセルの色やシェーディングを算出する処理です。

PlayCanvasでは、照明は大きく次の2つの基本的なカテゴリに分割することができます:ダイナミックライトとライトマップ。

動的照明

実行時に行われる照明の計算は、動的として分類されます。各フレームで、エンジンはLightエンティティのタイプ、位置、プロパティから表面に当たる光の量を算出して、それを使用して素材を着色します。

ライトマップ

移動しない光と ジオメトリの場合、予め照明の情報を決定することが望ましい場合が多いです。この情報は、表面素材に適用されるライトマップテクスチャに保存されます。この方法は、静的な照明を使用して変更ができませんが、代わりにランタイムが非常に軽くなります。

ライトマップを作成する方法は二つあります:

PlayCanvas 実行時のライトマップ生成

PlayCanvasエンジンにはライトマップ生成が組み込まれています。これはゲームが実行される直前に自動的にライトマップを生成するために使用できます。この方法を使用すると、標準のライトコンポーネントを使用して変更を行い、Editorで直接シーンをプレビューすることができます。

外部ライトマップ生成

多くの3D作成ツールは、ライトマップ生成が含まれているか、3DS Max, Maya, Blenderのようなアドオンとして利用できます。これらのツールは一般的に、通常のアセットとしてアップロードされ、標準的なPhysical MaterialでLightmapスロットに追加することができるライトマップテクスチャを生成します。

This site is translated by the community. If you want to get involved visit this page