User Manual

Version Control

シンプルなプロジェクトについて理解したら、バージョン管理がアプリケーション開発プロセスに重要だとわかるはずです。バージョン管理は、次の機能を実行するシステムの包括的用語です。

PlayCanvasには、エディターに直接組み込まれたバージョン管理ツールがあります。このツールは3つの主な機能に分類できます。チェックポイントは、ある時点でのプロジェクトのスナップショットで、プロジェクトに加えられた変更のタイムラインを形成します。ブランチは、1つの機能を作成するために加えられた変更、または1人の開発者による変更を表す単一の開発ラインです。一つのブランチのアセットを変更しても、別のブランチの変更には影響しません。競合のマージと解決 マージはブランチを別のブランチに結合するプロセスです。両方のブランチが同じデータを編集するときに競合が発生します。競合を解決した後、目的ブランチには両方のブランチからの変更が含まれます。

PlayCanvasのバージョン管理

他のバージョン管理システム(VCS)に精通している場合は、この概要を読むことでPlayCanvasが他のバージョン管理システムと比較してどのように機能するかを理解できるはずです。

チェックポイントはGitやMercurialのようなVCSのコミットのようなものです。各チェックポイントは、プロジェクトの特定の時点のスナップショットであり、このチェックポイントで行われた変更を説明するメッセージが含まれます。プロジェクトの編集中、現在の(チェックポイントされていない)変更は作業ディレクトリに似ています。つまり、これらはローカルな変更と考えることができます(PlayCanvasでは、ローカルの変更は同じブランチ内の他のユーザーと共有されますが)。

チェックポイントを削除することはできませんが、以前のチェックポイントを復元することはできます。チェックポイントの復元は、git checkout<commit> またはhg update -r <commit>のように機能します。ただし、PlayCanvasでは、ブランチが明示的に作成されていない限り、ブランチは許可されません(ヘッドの分離などはありません)。以前のチェックポイントを復元すると、その後の変更はブランチ内の最新のチェックポイントの子になります。

PlayCanvasのブランチは、他のシステムのブランチのように機能します。ブランチは、チェックポイントで構成される独立した開発ラインを形成します。ブランチを現在のブランチとして設定したすべてのユーザーは、リアルタイムの共同作業で変更を確認できます。ブランチは削除できませんが、ブランチの作業が終了したら、クローズできます。

マージは、他のVCSと同様に機能します。PlayCanvasでは、チェックポイント間でマージが発生することを理解しておくことが重要です。つまり、チェックポイントでコミットしていない変更はマージに含まれません。PlayCanvasはマージの目的ブランチにチェックポイントを自動的に作成することで、マージ時に誤って変更を失わないようにします。

詳細は、チェックポイントブランチ、およびマージのページをご確認ください。

This site is translated by the community. If you want to get involved visit this page