User Manual

VR 体験の種類

シーテッド VR

シーティング VRには、Google Cardboard、Samsung Gear VR、Oculus Riftなどのデバイスが含まれます。 これらの経験は、ユーザがほぼ静止していることに基づいています。 場合によっては、利用可能な位置データ(Google Cardboardなど)はなく、ヘッドセットの向きのみが使用されます。

ルームスケール VR

ルームスケールVRには、HTC ViveやOculus Riftなどのデバイスが含まれます。 ルームスケールの経験は、シーンの原点位置から少しまたは大きく離れる動きを許容するように設計されています。

Magic Window

Magic Windowには、VRヘッドセットをまったく必要としないというメリットがあります。 実際にはVRではなく、コンテンツを表示し、最新のスマートフォンのジャイロスコープと加速度計を使用してカメラの位置を設定する没入型の方法です。

This site is translated by the community. If you want to get involved visit this page