User Manual

Branches

ブランチとは、開発の個別ラインです。すべてのチェックポイントはブランチに属しており、ブランチ内の一連のチェックポイントでアプリケーションやよく艇の機能の開発をトラッキングできます。PlayCanvasのプロジェクトには常に少なくともという1つのブランチがあります。それがマスターブランチで、場合により他のブランチも複数存在します。エディターのバージョンコントロールパネルで、ブランチを他のブランチにマージできます。

マスターブランチ

全てのプロジェクトには「マスター」と呼ばれるブランチがあり、これは常に存在するもので削除できません。ほとんどの点でその他のブランチと変わりありません。違う点は、他のブランチが指定されていないときなど「マスター」ブランチがデフォルトで使用されることです(REST APIなど)。よくあるのはアプリケーションの現在の開発ステートとしてマスターブランチを処理することです。そして他のブランチを安定リリースや機能開発用にします。マスターブランチを使用するかどうかは自由に決めることができます。

現在のブランチ

作業を行っている各プロジェクトには 現在のブランチ に設定されたブランチがあります。これは作業中のブランチでエディターを開いたりコードファイルの編集を行った際に、現在のブランチに変更が適用されます。

新しいブランチを作成する

Create branch

ブランチを作成するには、バージョンコントロールパネルを開き、ブランチを開始するチェックポイントを選択して、ドロップダウンメニューから「New Branch」オプションを選びます。

New branch dialog

ブランチに名前を付けます。fix-player-bugrefactor-sound-effectsなど内容のわかりやすい名前を付けてください。ブランチを作成すると、自動的にそのブランチに切り替わります。

ブランチを切り替える

Switch branch

ブランチを切り替えるにはバージョンコントロールパネルを開き、切替先のブランチを選択してドロップダウンメニューの「Switch to this branch」オプションを選択します。

エディターが切り替えた現在のブランチを選択したものにリロードします。

ブランチを閉じる

Close branch

If you have completed work on a branch, you can close it which will remove it from the open branches list.

ブランチをクローズするにはバージョンコントロールパネルを開き、クローズするブランチを選択してドロップダウンメニューから「Close branch」オプションを選びます。現在のブランチやマスターブランチはクローズできない点に留意してください。現在のブランチの場合はまず別のブランチに切り替えてからクローズします。

Close branch dialog

ブランチのクローズを承認します。最後にチェックポイントを取得したときから行われた変更をキャンセルするオプションがあります。デフォルトで、PlayCanvasはブランチのクローズ前にこれらの変更を別のチェックポイントに保存します。変更をキャンセル種る場合は個々のオプションで行えます。

注意:このチェックボックスを有効にすると、最後のチェックポイント以降ブランチに対して行った作業をすべて失うことになります。

Deleting a branch

Deletion of branches are only supported if the following conditions are met:

To delete a branch open the version control panel, select the branch you wish to delete and choose the "Delete this branch" option in the branch's drop-down menu.

You will be asked to confirm the deletion of the branch by typing the name of the branch in the dialog box.

Note, deleted branches cannot be recovered after deletion! If in doubt, please close the branch instead.

This site is translated by the community. If you want to get involved visit this page