User Manual

読み込みの順番

基本的に、すべてのスクリプトは、アプリケーションの開始時に読み込まれます。読み込みの順番は、メインのEditorメニューやScene Settingsシからアクセスすることができる、プロジェクト内の設定によって決定されます。

読み込みの順番

読み込み順のパネルにはpreload としてマークされる全てのスクリプトと、それらが実行される読み込みの順番が表示されます。

読み込み順のリスト

個別のスクリプトの順番をドラッグして移動することができます。

スクリプトが最初に読み込まれると、それらはすぐに実行され、スクリプトは最初にそれらが読み込まれた順番で実行されることを意味します。しかし、スクリプトの読み込み順は、スクリプトコンポーネント内でのスクリプトメソッドの順番実行には影響しません。 例:同じエンティティ上のスクリプトの初期化方法は、読み込み順ではなく、それらがエンティティでリストされている順序で呼び出されます。

プレロード

PlayCanvasの他のアセットと同様、デフォルトでスクリプトアセットはpreloadとしてマークされます。スクリプトのプリロードを無効にすると、アプリケーションの起動前に読み込まれます。こうすることにより、プロジェクトにスクリプトを含みながら、preloadをオフにして読み込まれるのを防ぐことができます。通常のアセットAPIを使用して、非プリロードスクリプトを動的に読み込むようにトリガすることができます。 例:this.app.assets.load(アセット); スクリプトレジストリへの動的な変更にサブスクライブすることができます:

this.app.scripts.on('add', function(name, scriptType) {
console.log('script', name, 'has been loaded');
});

連結

デフォルトで、アプリケーションを公開したり、エクスポートすると、すべてのプリロードされたスクリプトは、ひとつのスクリプトファイルに連結されます。これは、すべてのスクリプトを読み込むために必要とされるリクエストの数を減らすことで読み込みを最適化します。

This site is translated by the community. If you want to get involved visit this page