User Manual

Intel XDK

Intel XDKはPlayCanvasゲームをネイティブアプリケーションとしてラップすることができるので、Google PlayやApple App Storeを含むマネタイズプラットフォームに提出できます。

XDKで検証及び構築

ゲームのネイティブビルドの検証や構築のプロセスはシンプルです。手順を説明します:

  1. 最初にあなたのPlayCanvasゲームをダウンロードします。手順はセルフホスティングガイドでご確認ください。
  2. XDKを実行。
  3. Intel XDKアカウントにログイン (又は新規作成)。
    Sign In
  4. Import Existing HTML5 Project(既存のHTML5プロジェクトをインポート)を選択してダウンロードしたPlayCanvasゲームのindex.htmlへのパスを選び、プロジェクトに名前を付けます。
    Import Project
  5. エミュレータでゲームが正常に実行しているかを確認。理想としては、様々な画面の解像度や設定で確認してください。Emulator
  6. これでネイティブappを生成する準備が出来ました!XDKのBuildタブを選択してビルドしたいプラットフォームを選びます。Build
  7. Crosswalk for Androidを使用して構築してみましょう。Vanilla AndroidオプションがWebGLに現在対応していないストックのAndroid WebViewを使っているため、Crosswalkを使用する必要があります。Build Crosswalk
  8. Build App Nowをクリックした後、ゲームはビルドが実行されるIntelのサーバにアップロードされます。その後、生成されたAPKをダウンロードできます。Build Complete
  9. APK ZIPをダウンロードするとARMとX86のビルドを取得するはずです。Downloaded Build
    後は、APKをデバイスにコピーして、Google Playに提出する前に検証するのみです。

ユーザーの体験を最適にするため、x86とARM APKの両方を公開するようにしてください。[こちら][3]の手順に従って数分で行うことができます。

This site is translated by the community. If you want to get involved visit this page