User Manual

Screen

Screenコンポーネントは、ユーザーインターフェースの領域とレンダリングを定義します。 Screenコンポーネントに追加された子要素はすべてElementコンポーネントを持つ必要があります。

詳細については、「User Interface」セクションを参照してください。

Screen Component

コンポーネントプロパティ

プロパティ 説明
Screen Space 有効にすると、スクリーンの内容がキャンバスのオーバーレイとして2Dでレンダリングされます。
Resolution Screen Spaceがfalseの場合、スクリーン座標の解像度。右に移動すると上が上に向かって上がります。 Screen Spaceコンポーネントの解像度は常にキャンバスの解像度から決定されます。
Reference Resolution スケールモードがBlendの場合に使用される解像度
Scale Mode ウィンドウサイズがスクリーンサイズと一致しない場合に、ユーザーインターフェースがどのように変更されるかを決定します。次のいずれかになります。
  • なし:何もスケーリングされません。
  • Blend:スクリーンコンテンツは、参照解像度と実際の解像度の比率によってスケーリングされます。スケールブレンドプロパティを使用して、水平解像度と垂直解像度の間のスケールの重み付けを行います。
Scale Blend 水平(Scale Blend = 0)と垂直(Scale Blend = 1)のスケーリング間の重み付けを示します。
Priority 同じレイヤー内のScreenコンポーネントがレンダリングされる順序を決定します(優先度が高いほど上位にレンダリング)。数字は0から255の整数でなければなりません。
This site is translated by the community. If you want to get involved visit this page