User Manual

リジッドボディ

Rigid Bodyコンポーネントはエンティティがシーンの物理シミュレーションに参加できるようにします。これにより、エンティティの動きを写実的にシミュレーションできます。コンポーネントインターフェイスは、Type属性に基づいて動的に異なる属性を表示します。

Rigid Body コンポーネントはコンポーネントパネルの右上のチェックボックスで有効と無効を切り替えることができます。有効になった場合、また、コンポーネントに兄弟コリジョンコンポーネントがある場合、Rigid Bodyは物理シミュレーションに含まれます。

Static

Rigid Body コンポーネント (Static)

Dynamic (およびKinematic)

Rigid Body コンポーネント (Dynamic)

Kinematic

Rigid Body コンポーネント (Kinematic)

Rigid bodyの形を定義するには、同じエンティティにコリジョンコンポーネントを追加する必要があります。追加しないと、rigidbodyコンポーネントには効果がなく、物理シミュレーションに参加しません。

プロパティ

プロパティ説明
Typeボディの種類:
  • Static
  • Dynamic
  • Kinematic
Massボディの大きさ。シーンのワールド単位がメートルなら、massの単位はキログラムです。
Linear Damping毎秒ボディが失う線速度の割合。
Angular Damping毎秒ボディが失う角運動速度.の割合。
Linear Factor各ワールド軸内でのボディの直線運動の乗数。如何なる軸に対して0に設定されていると、その軸で動作は発生しません。2Dゲームや1D/2D動作に便利です。
Angular Factor各ワールド軸内でのボディの角運動(回転)の乗数。如何なる軸に対して0に設定されていると、その軸近辺で回転動作は発生しません。
Frictionボディが他のボディと接触した際の速度の減少を制御。
Restitutionボディの跳ね返りの度合いを0 から 1で設定。注意:1に設定すると動いているボディが止まらずに動き続けます(restitutionが1以下の他のボディと接触する場合や停止スクリプトが設定されている場合を除く)。

スクリプティングインターフェイス

Rigidbodyコンポーネントのプロパティはスクリプトコンポーネントを使用して制御できます。Rigidbodyコンポーネントのスクリプティングインターフェイスはこちらです。

This site is translated by the community. If you want to get involved visit this page