User Manual

Sprite

スプライト (Sprite) は、シーンにレンダリングできる2Dグラフィックです。Spriteアセットは、 Texture Atlasへの参照と、そのアトラスからのフレームのシーケンスです。このように、スプライトはアトラスから取り出した単一の画像を表すことができる他、フリップブックスタイルのアニメーション(アトラスから複数のフレーム)を表すこともできます。

プロパティ

Sprites

ピクセルあたりの単位 (Pixels Per Unit)

PlayCanvasのシーン内で、1単位毎にマッピングされるスプライトイメージのピクセル数です。例えば、 pixelsPerUnit が1でスプライトが32x32の場合、シーン内で描画されると横幅と高さが32ユニットになります。デフォルトでは、Simpleのスプライトは pixelsPerUnit が100に設定されています。つまり、100x100のスプライトはシーン内で1ユニットの幅/高さになります。  

Sliced スプライトを作成する場合、既定では pixelsPerUnit の値は1に設定されます。これらのスプライトは通常、ユーザーインターフェイスを構築するためのScreenコンポーネントの一部として使用されるため、1つのスプライトピクセルは1つの画面ピクセルにマップする必要があります。

描画モード (Render Mode)

テクスチャアトラス (Texture Atlas)

スプライトが参照するテクスチャアトラスアセット

This site is translated by the community. If you want to get involved visit this page