User Manual

キューブマップ

キューブマップは特別なテクスチャーアセットです。各テクスチャーがキューブの面を表す、6つのテクスチャーアセットで構成されています。一般的に次の二つの用途があります:

  1. キューブマップでシーンのスカイボックスを定義することができます。スカイボックスには、丘、山や空のようなシーンの遠くにある風景のビジュアルが含まれます。 2. キューブマップは、任意の材料に反射を追加することができます。シーン内に光沢のあるクロームのボールベアリングがあるとします。ボールは周囲のシーンを反映します。オープンな環境では、通常、反射物体の素材のキューブマップとしてシーンのスカイボックスのキューブマップを設定します。

キューブマップテクスチャーのインポート

キューブマップは、入力として6つのテクスチャアセットを必要とするアセットです。そのため、新しいキューブマップアセットを構成するためには、まずプロジェクトに6つの画像をインポートする必要があります。これを行うには、ファイルシステムからAssetパネルに6つの画像をドラッグします(またはAsset パネルのUploadオプションをクリック)。アップロードされ、処理されると、画像がAsset パネルに表示され、キューブマップアセットに割り当てる準備ができます。

キューブマップの作成

PlayCanvas Editorインターフェイスから直接キューブマップアセットを作成することができます。アセットパネルのCreate Assetメニューを使用してください。

キューブマップの作成

これにより新規のキューブマップアセットが作成され、画面の右側にCube Map Editorを開きます。

キューブマップの作成

キューブマップを編集するために選択するには、Assetパネルで選択します。最も簡単な方法はキューブマップフィルタを選択して選択肢のオプションを絞ることです。キューブマップは、クロス型のアイコンで見分けます。

キューブマップのサムネイル

キューブマップを選択するとEditorの右側のInspectorパネルに表示されます。

キューブマップのプロパティ

キューブマップを選択してそのプロパティを編集できます。

キューブマップのプロパティ

Filtering

この設定では、キューブマップが拡大される際にピクセルが補間される方法を定義します。拡大とは、テクセル対画面のピクセル比が1より少ない状態です。Linearが視覚的に最適です。次に適しているのはNearestです。

Anisotropy

Anisotropyは、カメラの視線ベクトルがテクスチャを持つ平面により密接に合わせられるにつれて、テクスチャサンプリングの品質を制御できる1と16の間の値です。

キューブマップにテクスチャを割り当てる

キューブマップのプレビュー

キューブマップPreviewパネルには、十字形にフラット化されたキューブマップの6つの面が表示されます。平らにした段ボール箱を想像してください。キューブマップを構築するには、AssetパネルからテクスチャアセットをPreview パネルのフェイススロットにドラッグするだけです。また、キューブマップのフェイススロットを選択し、Assetパネルからテクスチャアセットを選択することもできます。

キューブマップの面は次の通りです:

*正方形(幅と高さが同じ解像度) *次元の2乗(1x1, 2x2, 4x4, 8x8, 16x16, 32x32など) *すべての面は同じ解像度でなければなりません

Editorは面に自動的にテクスチャを割り当てる方法を見つけようとします。これは、キューブマップの面によく使用される命名規則を一致させることによって、最初の面をスロットにドラッグするときに実行されます。例えば:

一致するテクスチャセットの例は次のとおりです:

キューブマップのプレフィルタ

キューブマップインスペクタには、低解像度のフィルタリングされたテクスチャーのセットを生成するプレフィルタのボタンがあります。これらは物理的素材の環境マップで使用されます。物理的な素材を使用する際、キューブマップのプレフィルタリングは不可欠です。

素材にキューブマップを割り当てる

デフォルトのフォンと物理素材の種類はどちらも反射プロパティを持ちます。Environmentプロパティセクションを展開すると、次が表示されます:

キューブマップの素材

Emptyスロットをクリックしてキューブマップを選択するか、アセットパネルからキューブマップスロットにキューブマップアセットをドラッグ&ドロップすることができます。

補足:物理素材が割り当てられ、プレフィルタされる場合は、デフォルトの環境マップとしてシーンのスカイボックスを使用します。

This site is translated by the community. If you want to get involved visit this page